So-net無料ブログ作成
検索選択
前の20件 | -

運命の手が示す、新たな「人生」~その3~

♪大迷惑/by:UNICORN


前回の続き…。

1週間前、かなりアタマに血が昇っていたあたくし、いまはかなり

平静を取り戻してきた。だがこの一週間、気分の悪いコトおびただしく、

会社や上司、同僚の得になるような仕事は、もうしたくはないな…。

依然としてハラのムシが収まらない。何とかしなくては、このままでは

心が病んで、いずれ身体の調子まで悪くなりそうである…。

そんなこんなで、ブチキレて「今日明日あたりで片を付けてやる!!」

などとは思わなくなったが、折を見て上には退職の準備をしつつ、

話すコトにするとしよう。

実を申せばもともと今の勤務先は「いずれ辞めるコトを前提」に、

一昨年の10月から勤務を開始したのである。半年間くらい

喰いつなげればまぁ良いかなって思っていたんだけど、意外に長く

クビが繋がったのは、それなりにラッキーではあったからね(笑)。


今あたくしの考えてるコトと言えば、勤務先の退職後の身の振り方に

ついて、それはいろいろと、思案しているのだけど、収入がなくなる

不安よりも、時間に拘束されない自由ってのにワクワクするね(笑)。

だけどもまずは傷ついた心と身体を癒さなくては…。と、いうワケで、

ゆったりとした、温泉&鈍行列車の鉄旅かなぁ~。

7d0e60d6-s.jpg
※画像・スタンドバイミーjin115.comより引用

最近クルマから新幹線の移動に交通手段が替わったあたくしだが、

鉄旅ぼ魅力はむしろ、のんびりした各駅停車の旅ではなかろうか…。

maxresdefault (3).jpg
※画像www.youtube.comより引用

そんなワケで、島根県の山あいの街、木次~奥出雲の鉄旅なんかが

心惹かれるね。奥出雲には「おろちループ」なんてのがあってね、

国道も線路も約60mぐらいの高低差のあるところなのである。

そんなワケで、ぐるりと回って登るループ線や2~3回行き来しながら

登ってゆくスイッチバックなんかもあって、鉄ちゃんには堪えられない

ロケーションなのである。島根、鳥取、兵庫、京都府などの山陰の

海は、山口、広島、岡山、明石などの瀬戸内海の明るい雰囲気と

対照的に、どこかしら物悲しい雰囲気があって、

images (5).jpg
※画像壁紙館より引用

旅情をかき立てるんである。まぁもちろんどちらも甲乙つけがたい

魅力があるんだけど、コレはどちらが良くてどちらが悪いなんて

言えないからね…。(山)陰と(山)陽…違いはそれだけである。

だけどそれぞれに違った魅力があるのが面白いね。

次回に続く…。 

※関連記事:運命の手が示す、新たな「人生」 

運命の手が示す、新たな「人生」~その2~


nice!(30)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:日記・雑感

運命の手が示す、新たな「人生」~その2~

阿呆らしくて、やっとれんぞ…。

あたくし、この職場から消えさせてもらおうか?それにしても

「てめぇら…。決してこのままでは済まさんからな(怒)!」

私は無駄な仕事の為に、無駄な時間を半年分は費やした…。私は

それが周囲の同僚の為に役に立ちたい、ただただ良かれと思って

したコトだったのだが…。それが無駄なコトだと悟った時のこの

虚無感、そして徒労感っていったらどうだ…。まさに一言でいえば

「阿呆らしくて、やってられない…。」

である。約半年間、私の行った仕事に対して、感謝どころか、

批判の声しか浴びせられなかったとは…。そりゃぁ私だって、

感謝しろなんて大それたコトは期待していないんだけど、

「いつも電話対応&連絡ありがとうね。」

くらいのコトは皆言ってくれてもバチは当たらないハズである。

自信を持っていうが、私の行った仕事によって周囲の多くの同僚が、

顧客からのクレームや叱責を受けずに済んで、心理的ストレスから

皆かなり解放されたはずなのである。そりゃそうである。

事務員不在の時間帯、私の携帯にすべて顧客からのデンワを転送

しているのだから。だが、この事実に端を発した出来事が、

私の心の奥底に、

”いつ爆発するか分からない爆弾”

「恨み」という名のの時限信管のスイッチが入った…。

160ccf4e.jpg 
※画像sakicchoman.blog.jpより引用

あたくしが先ほど「無駄な仕事」といったのは、私が管理している

店舗以外の(2店ある)のデンワを昨年8月末よりパートの事務員さん

(朝9時~お昼1時半まで居る)不在の時間帯は、すべて私の携帯電話

に転送されるようになっているのだが、転送を受け初めて1ヶ月後、

9月17日、妻の臨終の時が近づき、私は病院と勤務先の事務所への

行き来を繰り返していた。

※関連記事:心の準備 その3 

そんな折、彼女の入院先の病院の

看護師さんから、「”最後の時”がいつか分からないので、皆さん

ご本人さんの傍にいてくれませんか…。」っていうハナシが

あったんだけど、私はその時分2時間ほど離れなくては

ならなかった。そこで仕事の代わりを頼めないかと別のスタッフに

打診するも、スケジュールの調整が利かないと断られた…。なので、

後ろ髪を引かれる思いで約2時間病院を離れた…。

終了後すぐに病室に戻ろうとクルマを走らせた私に、義姉からの

デンワ…。すぐに病室に戻ると、妻は臨終間際。何かを言っているが、

もはや訊きとるコトは出来ないまま彼女は息を引き取った…。

コレはホントに無念の思いだった!そして妻の亡くなった当日、

翌日の通夜、その翌日の葬儀と火葬の時まで、事務員不在の時間には

電話が私の携帯に転送されていた!!妻の死に涙するあたくしに、

「どこまで非情なコトをする!?」


次回に続く…。

※関連記事:運命の手が示す、新たな「人生」

運命の手が示す、新たな「人生」~その3~


nice!(40)  コメント(7)  トラックバック(2) 
共通テーマ:日記・雑感

運命の手が示す、新たな「人生」

数日、ブログの更新をお休みしておりました。理由は、

その時の私に、何やら天の声が「今の仕事を辞めろ!!」とでも

言っているかのような、コトが立て続けに起こって、

「今の仕事、ホントに私がやるべき仕事なのか?」っていう疑問、

とともに、虚無感や徒労感に襲われて、気分が滅入っていたから

なのだ。私の人生を支えていた「柱」のひとつ、妻が居なくなったのも

かなり大きく影響したのは確かなんだけどね。だけど、仕事を

辞めちゃったら収入無くなるし、そのあたりは不安なんだけど、

いっ時は遊んでいられる程度のお金ならある…。

でもなんだかね…。

仕事を辞めた自分を想像してみると、不思議と不安な中にも

何かしらワクワクするようなカンジがするのだ。わずかな給料の為、

気乗りしない仕事を続けるのは精神衛生上もよろしくないからね。

あたくし現在52歳…。そろそろ自分の理想とする人生に変える

アクションを起こさなくては間に合わない…。

S__3350531-840x580.jpg
※画像www.miyakoya.netより引用

ただね、自分の両親とかに「あたくし、仕事を辞めてしばらく絵でも

描いて過ごそうかと思ってるんだけど…。」な~んてコトいったら、

アンタ、何ばいよるとの!仕事もせんで、どげんして

食べていくとの(怒)!?」って言われるに決まってるからね(笑)。

あたくしは身を粉にして働くような人間ではないし、基本怠け者

であるから、働くコトがあんまり好きではない。う~ん、なんか

上手い言い訳を考えなくては…。って、思っている次第である(笑)。

新しいコトを始めるにあたっては、その勉強などもしなくちゃ

いけないし、時間がなかなか取れないっていうのがある。その点では

仕事辞めた方が膨大な時間が手に入る。それにあと数年たて長男、

次男は社会人となるし、この数年をどうにか乗り越えればなんとか

なりそな気がしている。それよりなにより周囲の理解を得られるか

どうかだけが心配のタネではあるけどね。現在のあたくし、

いろんな夢があるんだけど、その一部を紹介すると…。

★岡山県の田舎の古民家を買って田舎暮らしをする。

★永らく描いていない風景画をまた描いてみる。

★妻との結婚記念日に、JR西日本が今年6月より運行を開始する、

トワイライトエクスプレス「瑞風」に乗車する。などなど…。

img_1_m.jpg
※画像Yahoo!ブログ - Yahoo! JAPANより引用

※関連記事:「ななつ星」に続け!JR西日本の豪華寝台特急 最終章

日本中の美しい風景の土地に旅をして、美味しいものをを食べ、

美味いお酒を飲み、温泉に浸かってなどなど…。

やっぱり経済的にも時間的にもゆとりがなければできないコトだし、

今の仕事を続けていては到底実現は望み薄だ。

今週半ばに勤務先に辞意を表明するつもりでいる。

「変わらなきゃ!」

※関連記事:運命の手が示す、新たな「人生」~その2~

運命の手が示す、新たな「人生」~その3~


nice!(58)  コメント(5)  トラックバック(2) 
共通テーマ:日記・雑感

高齢者ドライバーに朗報、踏み間違い防止装置

以前の記事で、高齢者の事故、特にアクセルとブレーキの踏み間違い

による急発進による立体駐車場の金網を突き破って地上に落下したり

とか、車庫入れ等でバックする際勢い余って我が孫を、塀とクルマの

サンドイッチにしたりという痛ましい事故が相次いでいる。

事故の当事者となった高齢者ドライバーは意気消沈して免許証を返納…。

っていうコトに相成る。でもホントはね、本心から免許証返納を

したいっていう高齢ドライバーってあんまりいないと思うんだけどね。

いい例が私の義父(妻の父親)なんだけど、現在82歳。こちらも、

エライ事故を起こしてクルマの左サイドを電柱にガー擦って20万円級の

修理代。義姉夫婦は義父に運転させないでっていうんだけど、

その話題を私が持ち出せば、「オレの楽しみを奪うな!!」って

キレられるし(苦笑)。そんなワケで義父は今でも運転しているのだが、

義姉夫婦のいう通り義父からクルマを取り上げてしまったら、

一気に老化に弾みが付くのではないかと危惧しているのだ。



実は私の両親も父母ともにエライな事故をきっかけに運転を

しなくなった。第三者を巻き込んだ人身事故でなかったコトが不幸中の

幸いだったんだけどね。免許を返納したとは聞いていないけれど、

本人たちにしてみれば精神的にも相当にショックであったろうコトは

想像に難くない…。

そんな高齢者ドライバーを悲劇から救うべく

立ち上がったのが、福岡県大野城市笠川で町の民間車検工場を経営する

社長、石崎辰之さん(69)が、「保護ブレーキシステム」と名付けた

この装置は、低速走行時に急加速すると、エンジンが停止し、

ブレーキペダル近くのアクチュエーター(駆動装置)が自動的に

ブレーキペダルを踏みこんだ状態にし、車両を停止させる仕組みである。

もしそういう状況になった後の事後処理としては、ブレーキペダルを

踏んでチェンジレバーを”P"に戻せばシステムが解除され、通常通り

エンジンが掛けられるという。知恵を絞ったの自動でブレーキを

踏み込んだ状態にする装置。

ご希望の方には6~7万円で取り付けが

可能とのコト…。ただ、社長様の良心的価格設定、利益なしの

ギリギリの価格設定の為、

コレがいつまでこの価格で提供されるかは

分からない…。ただね、石崎社長曰く、

「意気消沈して不本意ながら免許証返納。」

を考える高齢者ドライバーが、7万円程の出費で救済できるのなら、

コレお金の問題ではないように思うんだけどね…。

 

※お問合せは

春日モータース:所在地: 〒816-0912

福岡県大野城市御笠川5丁目3-5


[電話]092(504)2277まで。

※関連記事:高齢者事故、運転させなければいいのか?

 高齢者事故、運転させなければいいのか?~その2~


nice!(63)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

バレンタインにバランタイン!?

♪バレンタイン・キッス/by国生さゆり


今日2月14日は巷で言われている
「バレンタインデー」…。

なんだけど、今年のあたくしは誰かからもらう予定もないし、

以前の職場みたいに女性の方が多かったら、頂くのはそれなりに

嬉しいんだけど、お返しなんかに気を遣をなくてはならない…。

せっかくもらったのに、失礼のないようにしなくっちゃいけないしね。

今の職場は幸いにしてそんな気遣いは不要なので、その点はラク

なんだけどね。ちなみにあたくしの場合、元々チョコは好きで、

普段からチョコチョコ買って日常的に食べているので、「俺チョコ」

は一定量確保されているってカンジ。そんなあたくしのチョコの

食べ方なんだけど、当然ながらお酒がらみ…。そぉだね、チョコレートに

合うお酒っていえば、ウイスキーやブランデー、が一般的だと思うけど、

マイナーなお酒では、ポルトガル産の「ルビーポート」なんかがあるね。

コレは赤ワインをベースとした酒精強化ワインと呼ばれ甘味が強いので、

スイーツやチョコレートによく合うので、欧米ではデザートワインとして

親しまれている。だけどこれらはカテゴリー上ではリキュールに

分類される。なので、バカっ高い(¥30,000超級)フランスの

甘口白ワイン、ソーテルヌ地区のシャトー・ディケムとか、

20151118robuchon5.png
※画像livarotfamily-gourmet.comより引用

ドイツのトロッケン・ヴェーレン・アウスレーゼなんかの高級

「貴腐ワイン」のハナシはナシだからね(笑)。

(そっちの方の解説は…。うん、やっぱりネオ・アッキーさんに

お願いしなくっちゃ、ですね…。)

そんなワケで今夜の我が家は、子供たちが好きな豚汁

だったんだけど、お鍋一杯お肉と里芋たっぷりで作ってたので、

義姉宅にもおすそ分け出来るかな?なんて思っていたんだけど、

セントストマック(聖なる胃袋)の次男が半分は食べてしまった

(昔はジャイアント小白田、なんて言っていた)

そんなワケで、今日のバレンタインデーにちなんだお酒ってコト

で、コレでいこうかな…。って思っているんだけど…。

バランタイン12年もの…。お酒好きのコトとは言え、

IMG_20170214_182628.jpg
※画像・「バランタイン12years」

近所のスーパーで入手…。その辺のおつまみ、ミックスナッツなどと

共にロックで愉しんだ…。やっぱりウイスキーならではの芳しい

テイストを愉しむには、やはりロックかストレートでしょう…。

あたくしは水割りってのはあんまり飲まないんだね…。そんなワケで

今日、バレンタインにはバランタインで乾杯するコトにしよう…。

もういい加減、下らない親父ギャグはやめなさいよ…。

ってみなさんの声が聞こえそうなんだけど、

こんな人間のあたくしだからご容赦を…。


nice!(47)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

瀬戸内の島を望む、ホテルの窓から~その2~

前回の続き…。

クラブフロアのラウンジに移動すると、軽いお食事が出来る

コーナーに案内され。メニューはホントおつまみってカンジ。

一口サイズのキッシュとかスモークチーズ、ピクルスや

サーモンのマリネなど…。

がっつり食べたい向きには物足りないだろうね。アルコール類は、

ワインの赤、白、スパークリングなど。そんなコトいいつつも、

結局は物足りなくって、最上階のバーラウンジ

(トップオブヒロシマという)に行って、シャンパーニュを頂く…

のだが。(但し、長男からまたもやドン・ペリニョンはやめてねと、

デンワで横槍が入った!)もう、まったく!!非日常を楽しむ休日

なのに、せっかくのハイな気分をコワすなって!!

そんな彼が、いつも止めに入る

ドンペリは、コストコでクリスマス価格では

¥12,000ほどなんだけど、ホテルで注文すると、そのちょうど3倍

くらいの金額を取られるのだ。かくしてホテルの宿泊代よりも

そっちのほうが高くつく、な~んて事態も発生するのである(笑)。

※ネグローニカクテル・地中海に沈む夕日をイメージしたフィレンツェ発のカクテルIMG_20170212_190339.jpg
IMG_20170212_192507.jpg

コレはそのバーラウンジからの眺望。夜景がとってもきれいだね。

普段は早朝2時起床のあたくし。今日だけは早起きの必要がないので、

今夜はデンワの目覚ましアラームをすべて切って床に就く…。

あ~ぁよく寝た(笑)。

時計を見ると午前4時。窓の外には周囲は真っ暗けだ
が、お月様が

とてもきれいに見えている…。

夜も明けてきて、朝食の始まる時間帯に

なったので、早速ラウンジに赴くとあたくしが一番乗り(笑)。

窓際の席に座って朝ごはんを食べながら、広島市街を眺めてみる。

あんまりいい天気ではなかったが、少~しだけ、遠くに見える

高層ビルが朝日に赤く染まった。ちょうど日の出の時刻だったん

だろうね…。西の空には明け方きれいに光っていた月影が、

沈みかけている。やっぱりココのホテルの一番のウリは、

ロケーションの良さだろうね。朝ご飯食べ終わってお部屋に戻ると、

次第に晴れ間が見えてきた。

IMG_20170213_081947.jpg

帰りの新幹線の時間の関係上、ホントは11時まで滞在

できるんだけど、9時を回った頃にチェックアウト。このころには、

ホントに抜けるような青空になったんだけどね…。

そんなワケで、今しばらくそんな景色を眺めていたい気分では

あったんだけれど、お昼までに帰宅して、業務に復帰しなくては

ならなかったので、そんなコトも言ってられなかったってワケで、

この続きは、次のお休みが4月なので、それまでの持ち越しとなった。

それにしても今回、とても大事なコトを忘れてしまっていた!!

ホテルにチェックイン後、キャリーバッグの中身をひっくり返した

けれども、妻の写真立てが見つからない…。

バタバタ出てきたので入れ忘れたのだが、今回美しい瀬戸内の海を

一緒に眺めたかったんだけど、あたくしの不手際でそれも

ままならなかった(汗)。

ゴメン、4~5月には必ず一緒に行くからね…。」と、天国の

妻には謝っておいた。


nice!(33)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

瀬戸内の島を望む、ホテルの窓から

明日がお休みの日曜日。ゲームに熱中する子供たちをよそに、

私一人広島に赴く…。今回は広島市中心街のいつものホテルではなく、

お正月に宇品港まで行った先で見かけて「要チェックだな…。」と目を

つけていた「グランドプリンスホテル広島」に宿泊をするコトにした。

今回はゆったりした休息を第一に考えていたので、周辺をあっちこっち

動き回るっていう考えはなく、14時半ごろホテルに到着。…。がしかし、

いつものホテルなら、エントランスに立ってるであろうハズのドアマンが

居ない!しばし待つが一向に出てくる気配がない。仕方なく隣接する

駐車場にクルマを停め、キャリーバッグを引きながらフロントまで

歩いていく。

「コレはどうしたコトだ?」

このホテル、有識者による評価は結構高いように認識してたのだが…?

しかしなにしろ宇品島の南端に位置するこのホテル、チェックインして

案内されたお部屋は、地上23階のホテルの18階。窓の外に飛び込んでくる

瀬戸内海の多島美。
filename-dscn5945-jpg.jpg
※画像トリップアドバイザーより引用

眺望はななかなかのもの…。沖を行く船が旅情たっぷりである。で、なぜ

クラブフロアに宿泊したのかっていうとね、ココのホテル、昨年2016年7月に

クラブフロアをリニューアルしたため、通常よりもリーズナブルな価格で利用が

できるプランがあったからココに決めたのだった。但し、中心街のいつもの

ホテルと違って、ホテル周辺に、飲食店がいっぱいあるワケではないので、

今回は専らホテル内で何でも済ませなくてはならない。ただ、今回の

クラブフロア宿泊の良いところは、ブレックファースト、アフタヌーンティー、

イブニングカクテルと、朝、昼、晩のメニューがクラブラウンジで取るコトが

出来るってのが良い。(ココのお食事、ドリンク代は宿泊代に含まれてる

ので、追加支払いは不要なのだ。)
aa17b969def4ede3e47a6e88baef3889.jpg
※画像tabetime.comより引用

シティホテルやリゾートホテルのクラブフロアの利用に慣れてる方は

ご存知かと思うけど、一般的なユーザーからは「クラブフロア=高い」って

思われてるワケ。まぁ確かに、物理的なお値段は高いかもしれないね。

だけど、温泉に入浴できたり、フィットネスジムが利用できたり、先述の

お食事だってあるし、それ考えたら、結構コスパ高いって思うよ。

そういいつつも、今のあたくしの食欲では、そんなにたくさん食べられない

のが何とも悔しい…。10年前ならそんなコトなかったんだけどね~。

今、宿泊しているお部屋で、この記事を書いているんだけど、時刻は17時半。

窓の外の太陽が、西に傾いて、いわゆる「黄昏どき」ってところである。

201511_9.jpg
※画像Hamsaより引用

さぁて、ちょっと一杯ラウンジで頂いてこようっと(笑)。

次回に続く…。


nice!(50)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

過ぎ去りし「青春の幻影」

かつて夢と希望にあふれた10代、あたくしにとってはもう40年近く

遠い過去の想い出…。その頃は、輝かしい未来、友情、恋愛…。

何をやっても、どこにいっても楽しくて仕方がなかった…。

無論折など考えもしなかったが、その道程には楽しいコトばかり

でもなくて、心に突き刺さるようなコトも多々あった。 

♪交響詩”さよなら銀河鉄道999~アンドロメダ終着駅~/青春の幻影



喜んで、悲しんで愉しんで、たくさん恥をかいて、思い出だけが

残って…。スイーツの如く甘く、ゴーヤの如くほろ苦くもあったが、

再度経験しようにもそれは、はるか彼方の遠くに過ぎ去ってしまって、

もう二度と戻るコトも、味わうコトも出来ないもの…。それが「青春」

という名の幻影というものなんだろうか?

な~んて、過ぎ去りし「青春」という名の「幻影」に思いを

巡らせている自分が居た…。


一昨年の夏、中学時代の同窓生が、50歳となって、35年ぶりに

集まった…。そして卒業生200名のうちの一割近くの18名が、

この世まで「卒業」していたコトが判明…。この、35年って歳月は、

かなり人を変えてしまうもんだなとつくづく思ったものである。

確かにあたくしと同い年であるハズの友人のアタマが相当涼し気に

なっていたし、小学5年生の頃付き合ってた私のカワイイ元カノは、いいオバハン

なっていたし、可笑しいやら残念やら(笑)…。そんなコトをいう

あたくしも昨年、「52歳という若さ!」な~んてコト言いつつも、

尾道の坂を歩いて登れば息切れし、希望にあふれた若いカップルから

笑顔と元気を貰い、

※関連記事:「恋人の聖地」で出会った笑顔

トイレの洗面所の鏡に映った自分の姿見て、

なんじゃ!この白髪交じりのオッサンは~!!」

気持ちだけは「19のままさ」なんだけどそれにしても愕然とした

もんだったよ…。まぁ年をとってからならではのいいコトももちろん

あってね、子供が成長して、私の助けになってくれたり、例えば

仕事にかまけて末っ子のコトが気になってても、長男が代わりに

面倒を見てくれていたりしてるし、今や「独身」に戻ってしまって、

やもめ暮らしのあたくし、「傷心の一人旅」を続けているんだけど、

家には義父もいるし、長男、次男ともほっといてもいいような年頃に

なったコトだしね。確かに歳は取ったけどいまだに素敵な女性を見ると

胸がときめくカンジがするし、まだまだ自分も捨てたもんじゃぁないな

と思っている。それでね、今思ってるのが、こんなあたくしにも、

そう遠くない将来、とってもステキな出来事があたくしを待っているような気が

してならないのである…。広島の街で、

(今度の日曜日また行くんだけど)いきなりステキな彼女とめぐり合う

とか(笑)、偶然知り合った大富豪に事業を立ち上げる資金を出して

もらったりとか…。

(こーゆーあたくしのようなノーテンキな人間を、「脳内お花畑野郎」

と呼ぶコトもある…。)なんてコトいいつつも、まだまだこれからも、

ワクワクする人生を愉しんでみたいなと、思っているのである(笑)。


nice!(56)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

久留米のソウルフード「キムラヤ」、91年の歴史に幕

「キムラヤの終(しま)えたげなね。」

「え”~!終えたちゃぁ、どげんしたとの?」年配のアルバイトさんと

あたくしが、ある朝交わした会話である。

「昔からあるパン屋さん」、「いつ行っても変わらないパン屋さん」、

「懐かしい味」、「故郷を思い出す味」。ココの看板商品、

「久留米ホットドッグ」「まるあじ」は、いったいど~なるのだ!?

信じられない思いで、キムラヤのwebページを開く…。

そこには2017年1月末で全店舗を閉鎖し、事業を修了するとの旨が

書かれていた…。原材料の高騰、コンビニなどの競合に経営を圧迫

された結果、「経営環境の変化は大変に厳しく、経営体力を勘案した。」

結果の決断だったという。工場は同業のフランソア(福岡県新宮町)が

事業譲渡を受け、同社久留米工場として稼働させるとのコト。同社は

残された従業員について「最優先で雇用したい」ってコトで、看板商品

の一部は製造を続ける方向で検討するというコトである。ちなみに

キムラヤは以前にも幾度かの倒産の危機に見舞われていているけど、

切り抜けてきたのは、工場、店舗に併設されている宝くじ売り場。

無論キムラヤが管理運営してるんだけど、その宝くじの売れ残りが

当たったため、その資金で倒産を免れた…という逸話がある。

まぁウソかホントか分からないんだけど、社長と懇意にしてる人が

社長から直に訊いたってハナシだからあながちウソでもないかも

知れないよ(笑)。だけど、今回ばかりはその神通力も効かなかった…。

ってコトなのかなぁ…。

img_0 (6).jpg
※画像blogs.yahoo.co.jpより引用
ec154ca0.jpg
※画像・まるあじ博多おんな節。より引用

私も思うに、キムラヤの「ホットドッグ」やメロンパンの「まるあじ」は、

久留米市民の「ソウルフード」と言えるもの。幼いころから会社帰りの両親が

買って来てくれて、当時小学校に上がるか上がらないかの時分の私には

ピリッとスパイシーな「大人の味」みたいに感じたものだったね。パッケージ

なんか昔っからず~っと変わらない…。見ているだけで当時のノスタルジーを

感じさせてくれる。まぁ全国区で言えば決して知名度高いとは

いえないんだけど、久留米市出身の女優、吉田羊さんが民放の番組で

紹介したり、「秘密のケンミンSHOW」でも紹介されたりしたので、かなり

広まったのではないかなとは思うんだけどね。ご存じない方にご紹介

しておくと、キムラヤのホットドッグ、コッペパンに挟まっているのは

ウインナーソーセージとケチャップ&マスタード、ではなく、

ハムとコールスロー。コレだけ!あたくしの地元久留米市では、コレを

「ホットドッグ」と呼ぶのである(笑)。で、ハムとコールスローで、何で

「ホットドッグ」なのか?という疑問に行き当たるんだけど、当時の既存の

材料で何か目新しいものを作らなければと暗中模索していた創業社長

曰く、イメージとしては、赤いハムが暑い時にイヌが「ヘッヘッヘッ…。」と、

ベロをだしているカンジ。それに少しぴリっと刺激的なコショウを効かせた

コールスロー。このコンビネーションがまさに絶妙だったのだ。

コッペパンとの相性も良く、もともと豪華でもない具の構成なので、

具の味だけがミョーに出しゃばりすぎるコトもないし、おやつに、夜食に

何でも来いってカンジだったね~。

フランソアがこの2大看板商品を作り続けてくれればいいんだけどね…。


nice!(61)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

思い違いにカン違い

前回記事で、アナウンサーの読み間違いや言い間違いのコトを

取り上げたんだけど、私たちの普段の生活の中にも、思い違いや

カン違いってのは当然ながらあるわけで、「クスッ!」と笑って済む

ような可愛げのあるものから、知らなかった、勘違いしてた為に、

ひんしゅくを買った、あるいは人前で大恥をかくようなものまで…。

まさに「千差万別」ってカンジなのである。 

お薬の服用に「食前」「食後」「食間」ってあるよね。「食前」は食事の

30分前、「食後」は30分後に服用するが、「食間」は、

食後1時間~1時間半後である。その昔、病気でガッコを休んでいた

友人宅にお見舞いに行った時のコト、ちょうどお昼ご飯時で、私が

お邪魔をした時、友人はお昼ご飯を食べ始めた。と、思いきや、

半分くらい食べ終わったところで突然食べるのをピタリとやめ、

おもむろにお薬をとりだして、「コレ食間に飲まやんとやん。」と言って

お薬を服用した後、のこりの御飯を食べだした(爆笑)。

結構あちこちでよく聞くのが「雰囲気」のコトを「フインキ」、「一期一会」

のコトを「いっきいっかい」。「何卒」のコトを「なにそつよろしくお願い

申し上げます。」

ニュースで報道された、雪山で遭難したパーティー⇒「阿呆か!あんな

雪山でパーティーなんかするからだ!!」…。パーティーって登山を行う

メンバーたちの集団のコトだった!

そのほか「AV(オーディオ・ビジュアル)機器」⇒「凄いエッチな機械」

「むち打ち症」⇒「ムチを使ったSMショー」など。

まだまだあるけどこの辺にしておこう(笑)。


あたくしが経験した最も恥ずかしいカン違いは、「情けは人の為ならず」

って諺の、意味のカン違い。ご存知の通り「人に情けをかけて助けて

あげるコトは、巡り巡っていつか自分も助けられる時がある。

であるならば、情けは人の為ではなく自分のためでもあるんですよ…。」

っていうのがホント。だけどもあたくし、コレを文字の通りに解釈し

「あ!人に情けをかけるコトは、その人の為にならない?だから

困っている人が居ても放っておけってコト!?」30歳をはるかに過ぎるまで

間違いに気が付かなかったぁ~(汗)!


最後に、日本史上最大、超ド級の間違いについてご紹介しよう。

お食事中の方はお読みになるのを少し控えた方がいいですよ(笑)。

日本中どこの家庭にも、人が住み、生活しているところに必ずと

言っていいほどいる、黒褐色の生物「ゴキブリ」のコトである。

英語ではコックロー。クロゴキブリとか、チャバネゴキブリなんかが

ポピュラーだけれど、間違いってのは、この「ゴキブリ」っていう呼称。

元々は御器(食器)をかぶってエサを漁る姿から、明治時代までは

「御器かぶり(ゴキカブリ)」だったんだけど、文献の誤植で「か」の

文字が抜けてしまってて、そのまま「ゴキブリ」として誤ったまま現在まで

広まってしまったとされている…。

間違いが、ホントみたいになってしまっているよ(笑)。


※関連記事:今年の恵方「北北西」の方角って、現在地からどこを向く?


nice!(48)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今年の恵方「北北西」の方角って、現在地からどこを向く?

「鬼は外~!福は内~!」

今日は4日、立春である。暦の上では今日から春なのであるし、昨日と

今日の晴天で4月上旬並みの暖かさであった。

毎年、節分の時期になると、

af29db4f7e030fd4b80980c54033ef65.jpg 
※画像・恵方巻macaroniより引用

「今年の恵方は○○!」な~んてコトいって、今年は「(北北西)キタキタニシ!」

なんてコトを言ってのけた某美人アナの某岡副麻希さん(24)が居たっけか?

あのね…、間違ってるとは言わないし、他人の失敗をまるで鬼の首でも獲った

かのようにあげつらう、一部の方のようなシュミはあたくしにはない。だけども、

アナウンサーの仕事は、事実を正確に伝える職業なんでしょ?北北西って方角

が、現在地からどっちの方角を向いたらいいのかって疑問なんだけど、

手っ取り早いのは、コンパスで真北を測ってそっちを向く。真北から西寄りに

45°回れ左したのが北西でしょ、で、真北と北西の柱間が北北西ってワケ。

真北から22度30分回れ左したのが「北北西」ってワケである。だけどね、

アナウンサーも人間。時として言い間違えるコトもあるんですね~。例えば

「旧中山道」のコトを「いちにちじゅうやまみち」と言ってみたり、

「伊達巻」のコトを「いたちまき」と言ってみたり

「生体肝移植」のコトを「性感帯移植」といったり、

「一糸乱れぬ入場行進」

「一糸纏わぬ入場行進…。」

(みんなハダカかい?そんなバカな!)とか言ったりね(笑)。

「んな、アホな!!」ってカンジで、あり得ないって思う方も多いかと思うんだけど、

実際その手のカン違いしてる人って、アナウンサーに限らずいっぱいいると

思うんだけどね…。一般の人だって例外ではないよね。未だに健康食品の

キノコサプリの「アガリクス」を「アガリスク」って言ったり、ディズニーアニメの

「ファインディングドリー」を「ファイティングドリー」って言ったり、

(カクレクマノミの、「ニモ」の時もそうだったね、戦ってどぉ~する!)

みんな北北西の向きが分らない。地図上の真北とコンパスが示す「磁北」

ズレてるからハナシがややこしい…。(磁北は真北より西にズレている)

だけども子供たちにそんな話を解かれ!

と言っても仕方がないので、今回はそんな説明は抜きに、コンパスの示す

北北西を向いて3人に恵方巻を食べてもらった(笑)。

なんかご利益があればいいんだけどね~。


※関連記事:思い違いにカン違い


nice!(56)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

春の兆しが見えてきた…。~その2~

今日は、朝から抜けるような青空で、早朝はそれなりに冷え込んだけど、

日中は気温も上がり、まさに「小春日和」ってカンジであった。

まぁそうはいってもまだまだ急に冷え込む日はあるワケで、ひどい積雪に

ならないよう祈るばかりであるね。特に再来週、11日(土)の建国記念日

あたりがヤバい…。大体このあたりで私立の高校受験があるのである。

統計データがあるワケではないので、あたくしの憶測の域を出ないんだけど、

概ねこのあたりで雪が降るコトがとても多いような気がするのだ。

かくいうあたくしも、37年ほど前受験日に雪に降られた人である(汗)。

私が15歳、1982年当時、鶴光さんや松山千春さん、中島みゆきさんが

パーソナリティーを務めていたラジオ番組「オールナイトニッポン」を聴く

ついでに験勉をしていた(験勉のついでに聴いてたのではない、逆だ!

ラジオ聴いてたついでに験勉してたのだ!!)その時に何気に2コ上の姉との

会話の中で、受験日当日の話題に…。

c0071961_22271132.jpg
※画像・大垣市の高校生専門塾 大学受験の桔梗会より引用


「当日は雪の降るけん、防寒対策ば、しっかりしとかんばでけんばい。」

な~んてコトを言う。「ちょっと待たんの、なし雪の降るち分かっとの?」

あたくしがいうと、「とにかく当日は降るち決まっとると!グズグズいわんと

準備ばしとかんの!」そんなこんなでホッカイロを2つくらい準備して、

受験日当日を迎えたんだけど、果たして姉のいう通り、朝起きると外は

真っ白けの雪景色(苦笑)。防寒対策のホッカイロがホントに役に立つとは…。

話が横道にそれたけど、2月はここいら辺りが寒くって積雪の可能性が

大だってコト。後は3月初めの「名残り雪」みたいなのを最後に春が

訪れるってカンジだろうね。まぁ受験日当日に雪に降られると断言した、

私の姉もスゴいんだけど、もう一つ2月の雪にまつわるエピソードがある。

やはり7~8年前同じ2月に、妻のいとこのお嬢が、私立高校の受験を

迎えていて、これまた雪の降る確率が高いとの予報だったんだけど、

なんと妻は、いとこのお嬢宅にデンワを掛けて、受験日当日は雪が

降るかも知れないから、アタシが送迎してあげようかというハナシを

持ち掛けていた。それを聞いたあたくし、そんな妻の心遣いにメチャクチャ

感動したのだった…。

「そんなコトにまで心配りの出来る君は、

なんて素晴らしい人なんだ!」

惚れ直した!ギュッ[黒ハート][黒ハート]!!そして私は妻に

「君、雪道は細心の注意を払って運転してね。

お嬢の命預かるんだからね…。」といったあたくしに、

妻の返した言葉が勘弁ならなかった(怒)!

「何ばいよると?アンタが運転するに

決まっとるやんね。」

………。一瞬でも彼女を尊敬した、あたくしが阿呆だった(苦笑)…。

周りの誰からも「いい人」だと評される妻であったが、彼女の善行や

心遣いには、実は、概ねあたくしの犠牲の上に成り立っていたのだ(涙)。

妻が他の人に対しての気遣いの100分の1でも私に振り分けてくれればと

いつも思っていたんだけどね。でも、夫のあたくしがいうのも何だか

気持ち悪いけど、「スゴイいい人」だったなぁ~。と今も思っている。


※関連記事:春の兆しが見えてきた…。


nice!(53)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

春の兆しが見えてきた…。

今日から2月…。

今月が冬で一番寒い時期、コレを過ぎればあとは暖かくなってくる。

気持ちすこ~しづつ、日が長くなってきてるような気がするよね。

ちょっと前まで、17時頃には真っ暗けだったんだけどね。寒さの苦手な

あたくし、冬は早いトコ過ぎ去って欲しいんだけど、寒い時期ならではの

美味しいものってあるからね…。先日の寒波に伴う寒い日は、

焼酎のお湯割りは美味しかったね~(笑)。


※関連記事:寒波のおかげで寒くって…

寒波のおかげで寒くって…~その2~

もちろんあたくしとて日本酒の熱燗も好きだけど、今の今まで記事に

取り上げたコトもないから、

「きーちゃん2は日本酒だけは、飲まないのか?」って思われてるかも

しれないけどそんなコトはない…。じゃぁナニを飲んでるのかって?

知りたい?どぉ~してもお訊きになりたいなら紹介しておきましょう!!

私が高校生の頃から愛飲している唯一の日本酒はコレである!

04071219_55234ca96caac.jpg

※画像・清酒美少年www.aeon-kyushu.comより引用

熊本県菊池市の地酒「美少年」である。あははは…。驚いた?あたくしの

キャラクターにピッタリマッチしたネーミングだしね(笑)。

漫画家、松本零士氏原作の「キャプテンハーロック」「銀河鉄道999」

登場し、ハーロックと対極のキャラ、チビで短足でガニマタでド近眼の、

裏方ヒーローで天才科学者、大山トチローが愛飲しているアレである(笑)。

フィクションではない実在のお酒なのである。

4d3fde0f463eaa03d28f3a71317dd794.jpg 
画像・大山トチロー&トリさんnamu.wikiより引用

あとね、やっぱり寒い日には「鍋物」でしょう。今は鍋物っていっても、

いろんなものがあって、すき焼きやしゃぶしゃぶ、ちゃんこ鍋に始まって、

もつ鍋やキムチ・チゲ鍋などピリ辛味で「元気が出るヨ!」系のモノから

イタリアンなトマト鍋やカルボナーラ鍋なんてものまである(笑)。だけど、

ウチの子供たち、あたくしと違って辛味に耐性がなく

(末っ子だけは耐性がある)激辛、ピリ辛味の鍋物なんかは「丸出ダメ夫」

なのである。その他あたくしのキノコ好きに水を差す次男。

「パパ、キノコは入れんどって。」な~んてコトをいう!阿呆か!?キノコを

入れない鍋物なんて、

「クリープを入れないコーヒー」

のようなものではないか(怒)!

それよりなによりキノコ喰わなきゃ

パワーアップせんぞ(マリオか?)…。

kimutinabenomoto.jpg
※画像・キムチ鍋Naverまとめより引用

春が訪れる前に、熱々のお鍋を愉しんでみたいな~、と思っている…。


※関連記事:春の兆しが見えてきた…。~その2~ 


nice!(48)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

佐世保バーガー買って来て~!~その3~

前回の続き…。

一時的に晴れ間も見せた長崎の街だったけど、
f26b4d6e0918879ee83e8a86ecbe40ba.jpg
d0092678_16202232.jpg
20080514205736.jpg
※画像上Gooブログより引用
※画像中aoakaholic.exblog.jpより引用
※画像下FC2より引用

♪常緑樹/by村下孝蔵

今回のあたくしの幸運もコレまでだった…。結構強めの雨が降ってきたので、

商店街のアーケードに退避。高級焼き物の「臥牛窯」の焼酎コップも入手

できたし、(ホントはね、この「臥牛窯」の神髄のひとつと言えるのが、

「銀河流星文」とか「銀河幻想」っていう作風の、艶やかな釉薬を用いた

黒基調に、濃紺や緑をあしらい、さながら宇宙の中の「天の川銀河」のような

白い点々と一筋の流れ星をちりばめた、「陶器の中の小宇宙」を表現した

ような作品があったんだけど) 

ginga01_main.jpg


※画像東京書芸館より引用

まぁコレが目の玉が飛び出るような値段だったので、飛び込みで入った

あたくしの、お財布の中身で支払える金額じゃぁなかったってワケ(苦笑)。

「後は次の機会に譲ろう…。」というワケでは、今度は子供たちのリクエスト

である「佐世保バーガー」の調達である。ここでまたまたあたくしの大きな

誤算が発覚。私のアタマの中では、長崎も佐世保も、おんなじ長崎県、

そ~んなに離れたとこではないっていう、認識があったんだけど、実際には

50㎞以上離れていたのだった(汗)。そんなこんなで小雨の降る中、

波静かな大村湾と小さな島々を右手に見ながら佐世保を目指す。

コレがいい天気だったら、溜息出るくらいの絶景なんだけどね…。自然相手に

文句を言っても始まらないので黙って佐世保に向かう。西海橋を渡れば

佐世保はもうすぐである。頃合いを見計らって、佐世保バーガー屋さんに

注文を入れて置く。30分程で出来上がるってコトなので、時間を調整

しながら到着。今回はみんなでひとりづつ買ったので、

長男、次男、末っ子、そしてあたくしで計4コであった。さぁて、一応彼らの

リクエストには応えるコトが出来たので、後は一路自宅に向かう。

やはり帰りも雨が降ったりやんだりしていた。行きも2時間、帰りも2時間の

移動で結構疲れたあたくしであったが、今夜は佐世保バーガー+ワインで

一杯やろうかなって、思って楽しみにしてたんだけど、往復4時間掛けて、

調達してきた「佐世保バーガー」、持ち帰って数分後には、3人の

欠食児童たちの前に、跡形もなくなっていたいた。

「ところで次男、パパの食べる分はどくさんやったつの?」

「パパはファーストフードやらあんまり食べんけん、要らんち思てから

全部食べたよ…。」だって…。

「き、君たち!い~加減にしなさ~い!!」

※関連記事:長崎は、今日も雨だった…。


nice!(55)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

長崎は、今日も雨だった…。

今日はね、

良いことが一つだけあるよ…。

日曜日に佐世保行きが決まっていたのが、仕事先の先方の都合

によりドタキャンになったのだ…。「ふっふっふ…。」やっぱしコレは

が私を守ってくれた&天は私を見放してはいなかった(笑)!

そんなワケで、今日の佐世保&長崎は、

大手を振って観光で行けるってコトになった。コレもあたくしの日頃の

行いの良さの賜物であろうかと思う(笑)。であるならば、

長崎観光&佐世保バーガー調達の2本立てで行こうかな~、

と思っている。意気揚々と家を出た私の出鼻をいきなり挫く、

どんよりとした雲行き…。「ぐぬ…。せっかくの気分に水を差されたぞ。」

だがここであたくしは、大きなミスを犯していた。傘を忘れていたのだ…。

っていうか、到着する頃には雨も上がるだろうと、まことに自分に

都合の良い憶測で長崎に向け高速道路を走り出していたのだ(汗)。

道中あたくしの淡い期待を打ち砕くかのような断続的に降る雨。

こりゃぁ、到着しても散策出来んではないか!」などと思いながら、

雨は上がる…。と見苦しく抵抗するあたくし(苦笑)。そんなこんなで

長崎市内に到着したものの、雨は降り続いていた…。

「人間万事塞翁が馬」っていう、中国の故事がもとになった諺が、

アタマの中を去来する(怒)。駐車場に車を停めて、意を決して歩き出す。

なるべく屋根のあるところをね(笑)。丁度お昼ご飯時だったので、

長崎といえばラーメン&ちゃんぽんでしょう、あ~た…。というワケで、

思案橋ラーメンへ赴くが…。長蛇の列!!

451_line1.jpg 
※画像・思案橋ラーメン長崎ガイドより引用

タイミングが悪すぎだ!昨日28日(土)から、

「長崎ランタンフェスティバル」(中国旧正月を祝うイベント。

商店街などに中国提灯が飾り付けられ観光客で賑わ

う2月11日(土)まで)が開催されていて、長崎市街は観光ガイドの

地図を片手に散策する観光客でごった返していた…。

長崎情報だったら、ご当地人気ブロガーの、てんてんさんに、

事前に訊いておけば一発だったんだろうけど…。

スケジュールにゆとりがなくってそれが出来ず、ぶっつけで行った

のが敗因だったなぁ…。だけど気を取り直して周辺を歩く…。

何気に入った臥牛窯のギャラリーに、趣のある焼酎コップが

IMG_20170129_185919.jpg 

目についた…。結構値段のするものだったけど、

ランタンフェスティバル期間のキャンペーン価格で40%OFF

だった…。コレで、焼酎が美味しく飲めそうだね…。

 

次回につづく…。

※関連記事:3回めの佐世保行きが決定! 


nice!(43)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

「悲しみ」が教えてくれた、「心の富」

今日は、普段ノーテンキなあたくしが、柄にもなく、

メンタルなおハナシなんだけど、少しばかりお付き合い頂けるかな?

ご興味のないお方はスルーしていただいて結構ですからね(笑)。

私は昨年9月下旬に18年間連れ添った妻を病気で亡くした…。

一年分くらいは泣いたな…。もう、泣く涙も無くなるんじゃあないかってくらい、

今まで人生生きてきた中で最も悲しく、立ち直れないかと思うくらい、

心に痛手を負ったものだが

そんな悲しみに打ちひしがれる私であったが、

曽根風呂ユーザーの皆様から、妻の逝去の際に暖かいコメントを頂き、

「自分だけがこんな悲しい思いをしてるワケじゃぁないのだ。」と励まされる

とともに自分も時がたてばこの悲しみを乗り越えて行けるのだ、

と思ったものだった。

♪千の風になって/by秋川雅史



人間には喜怒哀楽、様々な感情が巡りくるものだけど、今回とりわけ

この「哀」「悲しみ」が教えてくれた「心の富」=豊かさというものが今、

心に沁みるように分かったような気がする…。心の富…。一口に「富」

と言っても一般的にがお金やモノなんかの物理的生活を豊かにするもの

のコトを連想するのが通俗的といえるんだけど、私がココで言いたいのは、

そーゆー「モノ」の豊かさなんかとは違う。ここでいう心の富=豊かさとは、

お金では買うコトの出来ない、「心」の

豊かさのコトを言っているのである。


愛する人を抱擁するときの何だか胸の奥から「ホワ~ッ!」と、心も身体も

暖かくなるような、人と人との「心の絆」と言えるもの。

ちなみに妻の場合、
大学時代から仲良しの友人さんがいるんだけど、

30年近く経っても昔と相変わらず懇意にしていた…。

その友情には利害関係など微塵もなくって、

お互いを想い気遣いあっている、まことに私から見て美しさすら

感じるものであった…。

img_0 (5).jpg 
※画像Yahoo!ブログ - Yahoo! JAPANより引用

最近は妻の愛が私を守ってくれているんじゃぁないか…。と思えるコトが

あるのである。恐縮だけどご紹介しよう。私が管理運営している店舗で、

集金業務に携わるスタッフが資金を私的流用をしているという疑惑が

持ち上がり、もしそれが事実なら、私も管理者として責任を問われるという

危機的状況であった。土壇場で嫌疑を掛けられているスタッフから

懸念された入金があり、一気に問題が解決した。神様か、天国の妻の愛が

私を守ってくれたと思われてならない…。

「君、どうもありがとう…。助かったよ。」


nice!(75)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

3回めの佐世保行きが決定!

もう、何も言えん…。

月末の日曜日、三度目の佐世保行きが決定した。

皆まで訊かないで…。観光ではありません(怒)。ど~もね、

ホントは長崎にしろ佐世保にしろ、あたくしが常々仕事ではなく

観光で訪れたいと切望してはいるんだけど、

♪坂道から/by村下孝蔵

※画像・オランダ坂長崎@諫早市民 ふくちゃんの食う・寝る・遊ぶ日記より引用

こんな思いとは裏腹に実際にはすべて仕事である。まぁ、前回、前々回とも に、

帰りしな美味、ボリューム満点の「 佐世保バーガー」を調達して帰ったので、

それはそれで子供たちにはとても喜ばれたんだけどね(笑)。
3efffc2e.jpg
※画像・長崎@諫早市民 ふくちゃんの食う・寝る・遊ぶ日記より引用

c0153740_22105828.jpg 
※画像mitshuri.exblog.jpより引用

※関連記事:佐世保バーガー買って来て~!

佐世保バーガー買って来て~!~その2~

長男は2回とも「スペシャルバーガー」だったんだけど、私がオーダーした

「チキンカツレツバーガー」(チキンカツレツがバンズの両端から

ハミ出してるくらいデカい)が、美味しそうだ、っていうコトで、次回は

それ買って来てと頼まれた。もう一つの佐世保名物の「レモンステーキ」

どげんの?って訊いてみたけど、反応はイマイチだった(笑)。

別にステーキが嫌いとか、そーゆーワケではないんだけど、わが家の

ステーキってのは、コストコで調達した「サーロインステーキニューヨークカット」

なんだけど、焼き方はミディアムレアで、ブラックペッパー+クレイジーソルトの

味付けなので、レモンの香りを付けたステーキなんて今まで経験が

ないのであった。やっぱりね、子ども達ってのは未知のものっての、

躊躇するものなのかも知れないね。

そんなワケで今度の日曜日も「佐世保バーガー」っていうコトに決定。

あたくしもこの日は佐世保バーガーに合わせたチョット高い赤ワイン

なんてのも準備して臨もうかと思っているよ(笑)。


nice!(41)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

寒波のおかげで寒くって…~その2~

またまた明日、

寒波の影響で、冷え込むコトが予想されるらしい…。

まぁこちらでは北陸や東北以北の地方みたいに、酷い積雪になる

コトまではいかなくても身を刺す様な寒さであるコトは想像に難くない。

数日間は前回の寒波は鳴りを潜めていたって思ってたんだけど、

明日はまた冷え込みが予想されているとのコト。

こんな夜はまたまた冷え切った身体を暖めるべく、

焼酎のお湯割りを頂こうかな…。な~んてコト思っていたけど、

あれ…。あたくしの焼酎のお供のひとつ、

しそ味たくあんが無くなっている…。

0209181b.jpg 
※たくあん・画像www.chinjuh.mydns.jpより引用

1-a0002_011248_m.jpg
※きゃらぶき・画像むしめがねより引

こないだ切ってお皿に並べていたばかりなんだけど…。

子供たちはたくあんなんてハナから食べないし…。っていうコトは、

焼酎フリークの義父しかいないワケである。晩酌は焼酎一辺倒の義父。

時折こーゆーコトがあるんだけどね(笑)。まぁ、もし妻が生きてたら、

「そんなセコいコトいわんで!」な~んて一喝されていたところだけどね。

何せ妻の実父だけあって、あたくしはアタマが上がらないのだが、

なんとなく分かるのは、

「コイツの食べるものは、すべて飲むお酒にピッタリ合わせられている…。」

っていうのは以前からずっと昔っから義父から思われていたコトは

間違いないんだけどね(笑)。あたくしは焼酎のお湯割り飲むときって、

寒い時って限るんだけど…。



さすがに今日は次男も外で寒かったのか、

珍しくお風呂を溜めて(いつもはシャワーのみ)入ると言い出した。で、

あたくしも酔い覚ましに入るから熱~いお湯を入れなさいと言っていた。

だけど子供たちはあんまり熱いお風呂は苦手である。しかし妻の生前は

油断していると彼女、思いっきり熱いお湯のお風呂に入っているので、

後から入る家族は思わず、「あ~っ!熱っ!!アンタは江戸っ子爺さん

(江戸っ子のお爺は、超熱いお湯に平然と入るのだ。)かい!?」ってくらい

熱いお風呂が好きだった。なので、家族が後から考えなしに入ると

「お”ぁ!熱~っ!!」

ってコトになるのだ(苦笑)。そんなワケで極寒時なので熱~いお湯を

入れておくように次男に伝えていたけど、その後なかなか入らないから

温度が下がってしまった(怒)。末っ子も一緒に入っているので、

遊んでいてなかなか出てこない…。

もういい加減出て来いよ!

 

※関連記事:寒波のおかげで寒くって… 


nice!(51)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

佐世保バーガー買って来て~!~その2

日曜日の今日、

昨年11月以来2か月ぶりに佐世保を訪れた。

が、しか~し!またしても観光ではなく仕事である。

「おのれ!このサイトシーイング!!」

って、ワケの分からないことを叫んでしまった、メンゴ。

私の家から佐世保まで、片道約2時間である。

そして行ったら戻って来なくてはならない。
ebosidake01.jpg
※画像よかとこより引用

情緒ある港町のしゃれたバーで一杯飲んで、
IMG_9124.jpg
※マティーニ。画像pool330.blog.fc2.comyより引用

ゆったり一泊して帰れるならいいんだけど、何分目的が

仕事だからね~。ホント観光でこの街訪れたいよね。

ところで、家を出る際、「今日仕事で佐世保行ってくるからね。」

って伝えるとすかさず長男、「パパ、佐世保バーガーね~!」

※関連記事:佐世保バーガー買って来て~!

「わ~ってるって。」

今日は前回と違い、スタートが1時間程早いのと、口やかましい

会社のお偉いさんが、日曜日の為お休みだってコトで、

来なかった。普段なら彼らが要るおかげで、下らない能書きを

垂れられてヤル気を削がれるのだが、今回はそんな無粋なコトを

言うヤツが居ないので、仕事のスタートから調子がいい(笑)。

とっとと仕事を終わらして、佐世保バーガーを調達して帰ろうと

思っていたので、お昼ご飯を仲間たちと取った後は、ひたすら

お得意先を訪問し、営業活動を行い14時頃には満足のいく成果を

上げるコトが出来た。そこで、営業所に連絡を取って、早めに

帰らせてもらうコトにした…。

その後佐世保バーガーを調達するためにお店に移動し、

子供たちにデンワ。自宅にいる長男、次男にLINEで

佐世保バーガー屋さんにいるコトを伝えて、希望のメニューを

訊ねる。長男、次男は「スペシャル」末っ子は「チーズバーガー

ていうリクエストだった。20分程で出来上がるそうで、

その間にお向かいのイオンで子供たちに頼まれたジュースなんかの

お飲み物を買って時間をつぶし受け取りに行く。

今回はあたくしも買ってみようか。

(前回は末っ子が食べ切れなかったスペシャルバーガーの残りを

頂いたが、独自のソースが決め手なのか実に美味かった。)

と思って、チキンカツレツバーガーをオーダーする。長男、次男は

当然ボリュームのあるスペシャルで、末っ子はチーズバーガー。

どれも凄くボリュームがあって、コレだけでお腹いっぱいになって

しまうカンジ。今日の晩ご飯はコレで事足りてしまいそうだ(笑)。

そして2時間かけて帰宅。疲れた~。コレが観光で行ってたなら

疲れも半分以下だったろうけどね。子供たちは早速取り出して

パクついていたが、やっぱりデカい!
IMG_20170122_181421.jpg
※チキンカツレツバーガー・カツも特大サイズ(笑)。

あたくしもコレだけでお腹いっぱいになるし、今回も末っ子は半分で

ダウンし、長男が残りを食べていた。

たまにはこーゆーメニューもいいもんだね。

次に佐世保行った際は、レモンステーキだな(笑)…。


nice!(44)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:日記・雑感

明日やろうはバカ野郎!?

 4582485998134.jpg

※画像www.oreryu-souhonke.jpより引用

「パパ、明日うやろうはバカ野郎ばい。」

(怒)誰だ一体!

こんなムカつくコトをいい出した奴は?

なんか聞いたコトのある名前の人だったと思うけど、

名前が出てこない…。わが家ではじめてこのセリフを

言ったのは次男である。

私が「誰がゆうたつの!?」と訊ねると、

彼のガッコのクラスの担任の先生

(女性、次男の出身中学校のOBで、

余談であるがカワイイ。)なんだそうだ。

だけどカワイイルックスに似合わない過激な

言葉ではある。前々回の記事にも書いたが、

わたしの今の信条は、

「今日できるコトは明日でもできる。」

「明日できるコトは明後日でもなんとかなる。」

っていう、実にけしからんものである(笑)。

それはある日の晩ご飯のひととき、みんな

したたか喰ったあとのコト、各々自分が食べた

食器を流しまで運んでいる時、私だけ飲酒

してて酔っ払っているので、ワイングラスなど

運んでる時に落っことして割ったりして、

ガックリするより

「明日の朝やるから…。このまましておいて。」

って言ったあと次男が言ったのがさきのセリフ、

「パパ、明日やろうはバカ野郎ばい。」

と先生から聞いたセリフをそのまま私に

いったワケ。うぬ…。自分の親つかまえて

「バカ野郎」呼ばわりするとは…。

「アンタ、地獄送りもんばい(怒)!!」だけど、

そう思いつつも、何でも先延ばしにするクセの

ある人間を叱責するにはうってつけのセリフ

だなって、ミョーに納得させられたなと、

思ってはいるよ。だけど私は子供たちと違って、

年喰ってて摩れているからね、

「急いては事を仕損じる。」とか

「彼も人なり我も人なり」などの諺で応酬する。

ついでに相田みつをさんの「人間だもの」も

お見舞いしてやろうか(笑)。

 dbf80199.jpg

※画像livedoor Blogより引用

相田みつおさんは、人間の弱さを認めたうえで、

「それでいいんだよ。」と暖かいメッセージを

届けてくれる…。それに世知辛い現代を生きる私たち

も、ゆったりと生きる上でのメッセージも示唆して

いる気がするね。彼が今も存命しているとしたら、

もっと多くの人が、「より良く生きる」メッセージ

を受け取るコトが出来たのではないかな?って

おもうね。言葉の持つ威力は強大で、その威力は

力を落として悲しみに暮れる人に希望を与えて

救うことも出来れば、絶望と落胆を味わわせて、

奈落の底に突き落とすコトも出来る。

改めて彼の紡いだ、あたたかな春の日差しのような

言葉の功績に畏敬の念を禁じ得ないね。


nice!(81)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の20件 | -